IMGP2657-3

 趣味は『台湾を知ること』 ~趣味=仕事な編集長の切り替え術

 

― 細木編集長は、ご自身の中で、仕事と遊びを明確に区別していらっしゃいますか?

細木「あまり、境界線がないですね。仕事が遊び。遊ぶように楽しみながら仕事をしている。私の主な仕事は、取材に行って記事を書いたりすることなんですけれど、週末、自宅で時間が有るときに、じゃあ、1本記事を書こうかな。と、それは全然、苦痛じゃないんです。週末、家族と出かけるときも、いいなと思うことがあれば、写真を撮ってきて、記事にします」

 

― 普段の生活の中に、自然と取材が共存しているんですね。それがストレスに感じる時はありませんか?

細木「忙しくなりすぎると、例えば記事が10本以上溜まってしまうと、一度完全に頭から無くして、映画を2~3本続けて見たりします。ジムヘ行って身体を動かして、ぱっと切り離してから、スッキリした頭で仕事に再び取り組むようにしています」

 

― 上手にバランスを取っていらっしゃるんですね。お休みの日は決まっていらっしゃいますか?

細木「土日は基本休みです。週末取材に出ることも多いですが」

 

― 細木編集長の趣味は、何ですか?

細木「仕事が趣味でもあるんですけど、それ以外では、映画見たり、ジムに行ったり、本を読んだりとか。あと、あまりに生活の一部になっていて忘れていましたが、泡茶師という中国茶の師範資格をもっています。お茶には詳しく、うるさいんです(笑)」

 

― 台湾といえば、お茶ですね! 師範資格までお持ちでいらっしゃる。多趣味でいらっしゃいますね。
先ほど、お話にもありました、お好きな映画について、教えていただけますか?

細木「映画は文芸的な作品が好きですね。印象に残っているのは、ノーベル賞を受賞したイギリスの数学者の映画『エニグマ』。俳優が好きで、その出演作品を観たりすることもあります。好きな俳優は、ジェイソン・ステイサム、アマンダ・サイフリッドが好きです」

 

― 文学少女だった細木編集長に是非、お好きな本のご紹介をしていただきたいです。

細木「新しい作品はあまり読まないのですが、作家は、森瑤子さんが好きです。好きな作品は小池真理子さんの『恋』です。こういう世界が好きですね」

 

― 台湾にいらっしゃって、日本語の本を読みたいときに不自由はされませんか?

細木「日本に帰ったときに、文庫本を何十冊か買ってきます。普段は仕事関係の本、台湾関係の書籍を読んだりすることが多いです」

 

― 台湾関連の書籍、おすすめがありましたら、ご紹介いただけませんか?

細木「私が最近コーディネートした、この本なんですけれど。『台湾大好き編集部』の第3弾『台湾かあさんの味とレシピ』。台湾各位の家庭で作られるお料理の紹介をしたり、台所事情についてお話を伺ったりといった、 『台湾家庭の台所』に焦点を絞ったお料理本です」

 

― 台湾の台所あるある! 気になりますね。写真も素敵です。こちらの本は日本でも購入できますか?

細木「はい。大手書店やウェブサイトでも購入できます」

 

― 台湾料理と言っても、たくさんの種類があるんですね。

細木「本の中には6人のおかあさんが出てくるんですが、台湾料理はもちろん、客家料理とか、素食料理(※ベジタリアン料理)とか、直接取材させてもらいました。日本でも作れるように、日本の材料での作り方を紹介しています。自分で台湾の味が作れますよ。試してみてください」

 

 

台湾かあさんカバー

『台湾かあさんの味とレシピ』 《Amazon販売ページへ》

  

IMGP3268-2

『台湾かあさんの味とレシピ』。台湾家庭料理は各家庭の出自によって千差万別。6人のかあさんにお料理が伝わった経緯とレシピを丁寧に取材した一冊。

  未だ見ぬ台湾を求めて ~自分と読者の『好奇心』を満たし続けるために

 

― 最後に、今後の夢と目標を教えていただけますか?

細木「『台北ナビ』としては、常に台湾の『今』を紹介していきたいと思っています。日本人がもっとたくさん台湾に来てくれて、台湾のいろんなところを、ありのまま知っていただけるように、お伝えしていきたいと思います」

 

― ありのまま! 確かに、『台北ナビ』の記事を見ていると、取材先の良いところも、そうでないところも、ありのまま書いてありますね。

細木「そこに行くかどうかは読む方がご自身で判断することですから、台湾のありのままをご紹介しています。今年はお店や観光スポットだけでなく、原住民部落へも取材に行きました。それは今後も続けて行きたいと思います。個人的には、今年、通訳ガイドの資格試験に受かったので、来週から研修を受けに行ってきます」

 

― 台湾での通訳ガイド資格を取得なさったんですか!

細木「ええ。案外ね、試験勉強も楽しかったですよ」

 

― お仕事をしながら、お勉強をして、資格試験もパスなさる。努力家でいらっしゃいますね。

細木「現状に甘んじることなく、老体に鞭打ちつつ(笑)。仕事上も役に立ちますし、今後は違う資格試験にも挑戦したいと思ってます」

  

― 細木編集長の尽きない好奇心はどこからくるのでしょうか?

細木「なんでしょうね。昔からいろんなものを拒絶しないというか、何を見ても『何これ!?』と興味を持ってきたんです。それが今の仕事にもつながっているのかもしれません。今、台湾リピーターがどんどん増えてきて、台湾について深く知っていらっしゃるから、皆さんに鼓舞されて、自分も頑張らなきゃ! という感じです」

 

― 今後、個人的に目標にしていらっしゃることはありますか?

細木「台湾各地を取材して何年にもなりますが、まだ、行けてないところもいっぱいあるんです。それをどんどん開拓していく。それに尽きますかね」

 

― ありがとうございます。私も好奇心を枯らさないように、台湾各地を体験してゆきたいと思います。

細木「ありがとうございました。是非あちこちね、行ってみてください」

 

IMGP2685-2 

 

 


IMGP2693-3s     
     細木 
仁美
 (ほそき ひとみ
)

  1月4日生まれ 徳島出身 O型 

  本好きな少女として、徳島の自然の中で育つ。
 大学時代に世界各国を旅し、海外で働くことを
 決心。1985年、台湾へ日本語教師として派遣さ
 れる。
  在台日系証券会社勤務などを経て、2002年~
 『台北ナビ』に参加。2006年編集長就任。編集長
 自ら台湾各地を取材し記事執筆するほか、雑誌等
 台湾取材のコーディネーターとしても活躍中。
  
 

  (取材:2016年 11月)

 

台北ナビ 細木仁美 編集長 インタビュー 】 【】 【】 【

 

 

   《トップページ》