こんにちは、西内恵介です。昨年末にリリースされた、ザ・ローリング・ストーンズ11年振りのオリジナルアルバムは、『ブルース』のカバー集でした。これがまぁまぁ(笑)カッコよく、特に若人達には新鮮だったのか、『ブルース』再評価の機運が高まっているそうです。なので便乗して、テキサス野郎の、イカしたブルースロックアルバムを!

  


ホワッツ・ザ・ワード

ザ・ファビュラス・サンダーバーズ

 

What’s The Word 』

THE FABULOUS THUNDERBIRDS 1980年

 

 
メンバー

キム・ウィルソン(vo harp )

ジミー・ヴォーン(guitar )

キース・ファーガソン(bass )

マイク・バック(drums )※レコーディング中に脱退

フラン・クリスティーナ(drums)※同新加入

 

収録曲

 A1 ランニンシューズ(RUNNIN’ SHOES)

 2 ユー・エイント・ナッシン・バット・ファイン(YOU AIN’T NOTHIN BUT FINE)

 3 ロウ・ダウン・ウーマン(LOW-DOWN WOMAN)

 4 エクストラ・ジミーズ(EXTRA JIMMIES)

 5 シュガー・コーテッド・ラブ(SUGAR-COATED LOVE)

 6 ラスト・コール・フォー・アルコール(LAST CALL FOR ALCHOL)

 

B1 ザ・クロール(THE CRAWL)

 2 ジャンピン・バッド(JUMPIN’ BAD)

 3 ラーン・トゥ・トゥリート・ミー・ライト(LEARN TO TREAT ME RIGHT)

 4 アイム・ア・グッドマン(I’M A GOODMAN)

 5 ダーティ・ワーク(DIRTY WORK)

 6 ザッツ・イナフ・オブ・ザット・スタッフ(THAT’S ENOUGH OF THAT STUFF)

 7 ロス・ファブロソス・サンダーバーズ(LOS FABULOSOS THUDERBIRDS)

 

 

MI0001395927_full

THE FABULOUS THUNDERBIRDS  画像元:goo.gl/uLJ5xf

  

 

妻「あーっ! こんなにカード請求来た! どうしよー!」

俺「……」

妻「クリスマス、年末、正月、全部カード切ったからなぁ……」

俺「あのー? おいくらくらい?」

妻「うん? 見る? はいどうぞ!」

俺「!!!!!」

妻「口、開いてるよ」

俺「見なきゃよかった(T_T)」

妻「そういや、大掃除でこんなもん見つけたんだけど?」

俺「あぁっ!! ダメ!! その封筒!!」

妻「さすがパパ! キチンと貯めてるも! 助かるわー」

俺「(T_T)(T_T)(T_T)」

 

 

MI0001398663

THE FABULOUS THUNDERBIRDS  画像元:goo.gl/yTqDoq

 
 

 アナログのLPレコードが、復権してきているそうです。新譜1枚4・5千円の値付けはどうかと思いますが、タワーレコードなんかでも、アナログコーナーがありますんで、確かに売れているのでしょう。

 先日、テレビの情報番組で『今、どんな人がレコードを買うのか?』を、追跡調査していました。

僕のような中高年の親父だろうと思いきや、2・30代が圧倒的! リポーターがその理由を尋ねると、

 

① 70から80年代の音楽が好きで、『その時代の音』で聴いてみたい

② 気軽に聴けないので、音楽と向き合って、どっぷり浸れる

③ ジャケットが大きくて、それだけでアート。所有欲を満たしてくれる

 

 至極真っ当な動機ですよね? 特に、そうそう! って思ったのが③。昔、『ジャケ買い』ってしませんでした? 何せ海外の音楽シーンなんて情報が入ってこない。音楽雑誌とFMラジオが僅かな情報源の時代。それもメジャーアーティスト止まり。日本じゃ知られていないバンドだって聴いてみたい。 

 なので、『ジャケットの善し悪し』だけで適当にセレクトしちゃう! もちろん『ハズレ』のリスクも大きいのですが、『当たり』の時の嬉しさは格別でした。

 

 

Fab-Thunderbirds-Whats-The-Word

THE FABULOUS THUNDERBIRDS 『What’s The Word』 画像元:goo.gl/Hk1z0T

 

 この『ファビュラス・サンダーバーズ』の2ndアルバムも、学生の時に『ジャケ買い』した1枚です。下品な色使いと、絶対ロクでもない男達の写真(笑)これで選んじゃいました。安かったし。

 
 表
ジャケット左側の『胸毛もじゃもじゃサングラス』が、ヴォーカル&ハープでグループの中心人物キム・ウィルソン。発音だけ聞くと某国の某将軍様か? って思いますが(そんなわけない)ブルースハープの超名手です。

 

 その右側『スーツ姿の気のよさそうなアンちゃん』が、ギタリスト、ジミー・ヴォーン。そう今じゃ『伝説の』って言われちゃう、35歳で急逝したスーパーブルースギタリスト、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの実兄です。

 

 あのスティーヴィー・レイ・ヴォーンです。掛け値無しの天才。圧倒的なテクニックとセンス。それまでの、ブルースギターのレイドバックしたイメージを、アドレナリン出まくる、攻撃的なスタイルで一掃してしまった張本人。

 

 このスティーヴィー・レイが生前、最も影響を受けたギタリストは、兄のジミーだ、とか発言しちゃうもんだから、地味な(失礼!)ブルースギタリストであるジミーが、妙に神格化される事態に(笑)。

 しまいにゃ、『スティーヴィーのギターはロックでブルースの魂が無い、ジミーこそ真のブルースギタリストだ』みたいなね。

 

 勘違い、的外れもここに極まれり(笑)。ちなみに、弟ブレイク後、ファビュラス・サンダーバーズは、『あのスティーヴィー・レイ・ヴォーンの兄、ジミー・ヴォーンが在籍する』との冠が必ずついてまわったことは、言うまでもありません。

 

 けどね。音を聴けばそんな冠どうでもよくなるんです。カッコいいんだもん。ジミーのギターももちろんですが、やはり圧倒的なのは、キム・ウィルソンのスピーディでキレっキレのハープです!

 

MI0003405965_full

kim wilson / THE FABULOUS THUNDERBIRDS 画像元:goo.gl/uLJ5xf

 

 

 バンドが結成されたのは、1974年。テキサス州オースティンに現存する、今やブルースマン達の聖地として名高い、ライブハウス『アントンズ』のハウスバンドとしてキャリアをスタートさせました。マディ・ウォーターズ、ジョン・リー・フッカー始め、数々の大物ブルースマン達をサポートし、バンドも腕を上げて行きました。

 

 念願のレコードデビューは1979年。ゴリゴリのブルースアルバムの1stをリリースしました。

 そして翌年、1stよりは、ロックンロールな本アルバムを発表。

 

 81年の3rdアルバムでは、ピアノ、ホーンセクションを加え、よりロックンロール感を増し、82年の4thアルバムは、ニック・ロウがプロデュース。この組み合わせが悪いはずなく、より、ポップになったバンドは、徐々に知られて行きます。

 

 一方、弟は(笑)83年、デヴィッド・ボウイ『レッツ・ダンス』のレコーディングに参加したことで、一気に知名度を上げ、同年『テキサス・フラッド』、84年に『テキサス・ハリケーン』が、ブルースアルバムとしては、異例の50万枚超え、ゴールドディスクを獲得し、大ブレイク!

 

 それに伴い、ファビュラス・サンダーバーズにも、先の『冠』がつくようになり、追い風に(笑)86年のデイブ・エドモンズプロデュース『タフ・イナフ』は、ZZトップか! と言いたくなるサウンドでしたが、トップ10ヒットになりました。

 

 その後、90年にジミー・ヴォーンが脱退。チャート的には鳴かず飛ばずの状態が続きますが、キム・ウィルソンを中心に、バンド自体は現在も続いています。最新作は2016年『STRONG LIKE THAT』です。

 

 本アルバムは、まだまだ、テキサスのローカルブルースバンド臭が抜けず、しかし、技術の高さと曲作りのセンスの良さはあきらかで、バンドが内包する可能性とかエネルギーが、全て音に集結している凄みがあります。特にB面のスピーディな展開には、ヴォルテージ上がります。

 

MI0001336666_full

THE FABULOUS THUNDERBIRDS  画像元:goo.gl/uLJ5xf

 

 そういや、こんなことあったな。

 

 88年の夏、ホノルルの某ホテルに滞在していた時、部屋のドアの下から、一枚のチラシが差し込まれました。『何だ?』と手に取ると、『今夜ファビュラス・サンダーバーズがやってくる!』って。

 

 ホテルのバーでPM9時! こりゃ行かなければと盛り上がっていると、その時間、同行者がホテルのビーチ前レストランで、晩飯予約していまして。さすがに一人で抜けられず、あきらめました。

 

 ビール飲みつつ飯食ってると、尋常じゃないバカでかさで、ビーチまでバンドの音が! 音だけでもカッコよかったけど、やっぱり見たかったな。無念。

 

 ちなみに、俳優のブルース(ダイ・ハード)ウィリスって、結構な腕前のブルースハープ奏者なんですよ。ユーチューブにも動画あります。本稿と関係無いですけど、ブルースつながりで(笑)

 

 

MI0003405964_full

THE FABULOUS THUNDERBIRDS  画像元:goo.gl/uLJ5xf

 

                                                             ケイズ管理(株)西内恵介