DSC00491

 

『今日はおいしい牛たん食べにいこうよ!』
とここに人を連れてきたら
だいぶ極上のサプライズだと思う

豊水すすきの駅からほど近いビルの1階
『牛たん・旬菜 鈴の屋』
当麻町ご出身の大将が腕を振るい
この日は奥さまの尚子さんが
お料理に合うワインを選んでくれる
カウンターに座ろう

お通し「塩キャベツとポテサラ」

DSC00495

まずはビールにお通しの
塩キャベツとポテサラがさわやか
日本酒に焼酎も各種あり
果実酒やワインは
奥さまがチョイスしてそろえている
この時点ではまだ今日何を飲むことになるのか
全然想像ができない

牛たん盛り合わせ

DSC00498

特にメニューには載っていないようだが
ここにきたらまず
牛たん盛り合わせ
らしい

どどーんと出てきた盛り合わせ
上たん
根本部位の霜降りたん元
上富良野地養豚ローストポーク
の3種類

味はすでに付いている状態
でもこの盛り合わせは付け合わせがまた楽しい
山わさびに柚胡椒
高菜と青南蛮の味噌漬け

同じ部位のお肉でもどの付け合わせにするかで
また表情がまるで変わってくる

たんはたんでも部位によって
こんなに味わいが違うのか
こりこり食感にもっちり歯ごたえ
でも共通してとてもお肉の味が濃くやわらかい
個人的には柚胡椒と青南蛮の味噌漬けがツボ

上富良野地養豚のローストポークは
薄切りのピンクの断面が非常に美しい
豚にストレスをかけない飼育管理の元
生産された健康な豚肉
変な表現かもしれないけれど口に入れて一瞬
『あれ?これ何肉?』
というのが第一感想
ふわふわといっても過言ではないくらいの
優しい口当たりに
クセのない香りと味

たしかに
ここにきたらまずこの盛り合わせ
なわけだ

シバル カベルネソーヴィニオン

DSC00502

まさかの牛たんを食べにきて
赤ワインが飲みたくなるとは
尚子さんチョイスの一杯は
フランスのシバル カベルネソーヴィニオン
これがまた合う

熊本直送馬刺たてがみ付

IMG_7637

そしてふと上をみると
見つけてしまった熊本直送馬刺
しかもたてがみ付

どこでひとりで食事をしていても
私は手を合わせていただきますと言う
心の中でいつもありがとうをする
素材に対して
そして私の目の前にやってきてくれるまで
大事にここに届けてくれた
それぞれの道のプロの方々に対して
今日もおいしいお肉と
素材の良さをこれでもかというほど
おいしく提供してくれる大将に感謝感謝

赤みの馬刺1枚1枚の上には
1枚1枚たてがみスライスが乗っている
これは贅沢に一緒に食べるということでしょう
にんにくチップ
小口ネギ
すりおろししょうが
カイワレに紫タマネギのスライス
が添えられている

甘口醤油がやはり非常に合う
うまみの濃い赤みに乗った
たてがみがトロッとコクを加える
その味わいが噛むほどに口の中に広がるしあわせ
最終的にお気に入りのカスタマイズは
カイワレにすりおろししょうがかな

もともと和食が好きだった大将
ただ仕事にするのなら
単に和食料理屋というよりも
何かに特化したものを
と出会いを経てはじめた『牛たん・旬菜 鈴の屋』は
現在9年目
もともと半分だった店舗は
数年前に増築されボックス席が増えた

40〜50代が
お客さんのメイン層だというこのお店は
平日だったこの日もとても賑わっていた
週末は電話予約が必須

以前フィジーでホテルのリニューアルに際して
和食の講師をした経験がある大将
和食が世界的により広がりを見せる近年
洋食に和のお酒を
逆に和食に洋のお酒を合わせるスタイルも
珍しくはなくなってきている

『フィジーでの滞在は
ほんの2ヶ月ほどだった』と話す大将だが
実際に日本国外で日本人ではない人たちが
日本食と向き合う姿には
感じるものがたくさんあったのではないかと
想像する

たんシチュー

IMG_7633_2

和食和食と言っていたら
なんと目玉はたんシチュー
真ん中に温泉卵が落とされ
甘いような香ばしく濃厚な香りがすでにおいしい

お肉はたん先やたん下の部位
少し歯ごたえがあって
しっかりしたお肉の味が感じられる部分
日によって違うお野菜
この日はニンジンとズッキーニ
フランスパンのスライスが添えられて
お好みでタバスコをかけていただく

この濃厚シチュー
実はお店オリジナルで
レトルトが新登場となっている
赤ワインビネガーが利いていて
八丁味噌と生クリームのコクが旨い
こだわりの北海道産牛たんと
すね肉のやわらかほろほろな味わい
お土産に絶対喜ばれるこのレトルト
私はお店に行った次の日に食べきってしまった
このことは今日まで誰にも言っていない

すっかりこの日は
尚子さんチョイスの赤ワインを楽しんだ
余談であるが
尚子さんは私の番組リスナーさんでいらした
月〜木のFMノースウェーブ朝9時からのLを
聞いてくれているあなた
レアキャラの尚子さんと
もしお店で会うことができたら
ぜひLトークでも盛り上がっていただきたいな

たんのお寿司

DSC00505

シメはたんのお寿司
部位はたん元と上たんの間
適度に感じられる歯ごたえに
白髪ネギの食感が利く
味付けは塩胡椒
そしえ焙煎していないフレッシュなごま油
極上のシメだ

『もう1度やれと言われても
おそらく2度とは乗り越えられない』と
厳しい調理師時代を話してくれた
それを経て
『メニュー開発は経験と勘ですすみません』
とちょっと照れながら笑う大将は本当にかっこいいと思った

基本のメニュー通年で変わらないが
寒くなればトマトのおでんなんかも登場するそう

安定のおいしさを求めに
さらにそれぞれの季節の楽しみも増しそうだ

 

牛たん・旬菜 鈴の屋

札幌市中央区南5条西3-1 5・3ビル 1F
011-563-2228

定休日:日曜・祝日

【金・土・祝前】 17:00~02:00 (L.O.01:00)
【月~木】 17:00~00:00 (L.O.23:00)

わたなべゆうかわたなべゆうか

1988年8月4日生まれ 江別出身 血液型O型

ソプラノ歌手
FMノースウェーブ “L”(月〜木9:00〜11:55)のDJ

17歳で英国 Arts Educational Schoolミュージカルコースに入学、卒業後は英国 Royal Academy of Music声楽科で学ぶ。帰国後は、ミス・ユニバース・ジャパン2012北海道代表。ソプラノ歌手、ラジオDJ、モデル、イベントMC、歌唱/英語講師、通訳として幅広く活動。

  (取材:2019年7月)

 

   《トップページ》